1016日 東京 中野サンプラザ・ホール
1017日 東京 中野サンプラザ・ホール
1018日 川崎 クラブ・チッタ
1020日 福岡 クロッシング・ホール
1022日 松本 社会文化会館
1023日 川崎 クラブ・チッタ
1025日 札幌 ザナドゥ
1027日 名古屋 ダイアモンド・ホール
1028日 川崎 クラブ・チッタ
1029日 川崎 クラブ・チッタ
111日 大阪 IMPホール
11月2日 大阪 IMPホール



1994年の来日時にJOHNNYから告白されていた「引退」が現実のものとなり、最後のツアーが組まれた。「ラスト・ツアーは可能な限り多くの場所に行きたい」というメンバー全員の要望通り、実質2週間強の滞在に。東京、名古屋、大阪以外に北海道、福岡、そして当時あまり来日アーティストが立ち寄ることのなかった長野県松本市にも足を運んだ。「I Love RAMONES」にも書いた通り、アメリカのガイド本には長野県松本市の駅のアナウンスのイントネーションが面白いという記事が掲載されているらしく、クルーも含め、新宿駅から全員が松本駅に向かい、到着した時のアナウンスを心待ちにしていた。松本公演だけはチケットも特別に作られた(写真参照)。

ラスト・ツアーのフライヤー


ファン・クラブが企画・制作を任され作った来日公演パンフレット。メンバーも日本語が読めないのにみんな時間をかけて見ていた。
 



招聘元のスマッシュから届いたラスト・ツアーをアナウンスする来日公演のハガキ。
 
来日前から海外のメディアの記事も多く露出していたが、日本でも「これが最後のツアー」と銘打ってツアーをするバンドはいなかった為そのことも含め、当時存在していたほぼ全媒体の取材を受けた。私はすべての公演に同行しファンクラブ会員に向けての企画を決行。公演のない場所のファンの為に希望するメンバーのサインを全員にプレゼントするという全プレ企画やミート&グリートなどありとあらゆるイベントを実施。日本びいきのラモーンズは、この企画のすべてを快く引き受けてくれた。全プレは「往復はがきによる、メンバーのサインをゲット」というもので、300通ほどの往復はがきに新幹線の中でサインを書きポストに投函した。 

 『SIFT』(現在廃刊)の記事
  ライヴでは「なるべくファンが聴きたい曲を」と、会場や宿泊先にサインを求めに来たファンに聴きたい曲を毎日リサーチしていた。JOEYの体調は時に芳しくなかったが、パフォーマンスに影響することなく努めた。来日直前にリリースしたカバー・アルバムから選曲するのもこの頃のラモーンズのセットリストの特徴。

最終日の大阪公演後、JOHNNYが「ハード・ロック・カフェにファンを呼んでみんなで食事をしよう」と提案。パーティーのノリが好きじゃないJOHNNYには珍しいことだが終演後の打ち上げは急遽ハード・ロック・カフェに。よって大阪のハード・ロック・カフェにはファンが押し寄せた。その混乱をさける為にファンとメンバーの席を分け、ファンはラモーンズのメンバーを眺めながら食事ができた。そのハード・ロック・カフェに到着するまでの道のりを、ファンがGABBA GABBA HEYの看板を持って大行進をしながらJOEYを店まで誘導した。この夜のことがJOEYにとって本当に素晴らしい思い出になり、後で「日本の素晴らしい夜」について曲を書いている。私の本の中でJOEYが関空に行くまでの車内でJOHNNYにみつからないようにこっそりとメモを手渡してきたというシーンがあり、その時のメモに書いてあった「いろいろとありがとう。写真を送って」という写真とは、この時の大行進写真のこと。他に裏話ネタでは、CJが日本で和彫りのタトゥーを(短期間で)入れて熱を出したなど。

大阪のハードロック・カフェの店長と大阪の楽屋で記念写真。この時に急遽、HRCでパーティをやることが決定した。


ジョーイが本当に喜んでいた、大阪の街をファンと大合唱して歩いた時の写真。
 


テキスト及び写真 : 畔柳ユキ / Ramones Fan Club Japan (c)RAMONES FAN CLUB JAPAN
ALL TEXT & Photos by (c)yuki kuroyanagi & (c)RAMONES FAN CLUB JAPAN

記事及び写真の無断転載を固くお断りいたします。
   





June 27 Tokyo 西武劇場
June 28 Tokyo 西武劇場
June 29 Tokyo 西武劇場
July 1 Nagoya 雲竜会館
July 2 Kyoto 京都会館別館ホール
July 3 Osaka スタジオあひる
July 4 Fukuoka 大博多ホール



Oct.24 Tokyo 中野サンプラザホール
Oct.25 Tokyo 中野サンプラザホール
Oct.26 Kobe フィッシュダンス・ホール
Oct.27 Osaka フェスティバル・ホール
Oct.28 Tokyo MZA有明




Sep.3 Osaka モーダ・ホール
Sep.4 Nagoya クラブ・クアトロ
Sep.5 Kasawaki クラブ・チッタ
Sep.6 Kasawaki クラブ・チッタ
Sep.8 Nagoya クラブ・クアトロ
Sep.9 Nagoya クラブ・クアトロ
Sep.10 Osaka モーダ・ホール
Sep.11 Osaka モーダ・ホール
Sep.13 Kawasaki クラブ・チッタ
Sep.14 Kawasaki クラブ・チッタ
Sep.15 Kawasaki クラブ・チッタ
Sep.16 Kawasaki クラブ・チッタ




Feb.5 Kawasaki クラブ・チッタ
Feb.6 Tokyo 浅草常盤座
Feb.7 Tokyo 浅草常盤座




Jan.9 Tokyo 中野サンプラザ・ホール
Jan.10 Kawasaki クラブ・チッタ
Jan.11 Tokyo メルパルク・ホール
Jan.12 Tokyo メルパルク・ホール
Jan.14 Nagoya ダイアモンド・ホール
Jan.15 Nagoya ダイアモンド・ホール
Jan.17 Osaka IMPホール
Jan.18 Osaka IMPホール




Feb.2 Kawasaki クラブ・チッタ
Feb.3 Kawasaki クラブ・チッタ
Feb.5 Fukuoka つくし会館
Feb.6 Osaka IMPホール
Feb.7 Nagoya ダイアモンド・ホール
Feb.9 Kawasaki クラブ・チッタ
Feb.10 Kawasaki クラブ・チッタ
Feb.11 Kawasaki クラブ・チッタ




Oct.16 Tokyo 中野サンプラザ・ホール
Oct.17 Tokyo 中野サンプラザ・ホール
Oct.18 Kawasaki クラブ・チッタ
Oct.20 Fukuoka クロッシング・ホール
Oct.22 Matsumoto 社会文化会館
Oct.23 Tokyo クラブ・チッタ
Oct.25 Sapporo ザナドゥ
Oct.27 Nagoya ダイアモンド・ホール
Oct.28 Kawasaki クラブ・チッタ
Oct.29 Kawasaki クラブ・チッタ
Nov.1 Osaka IMPホール
Nov.2 Osaka IMPホール