Calendar
<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
Search this site.
Category
Archives
Others
Admin

『USフェスティバル』ドキュメンタリー発売中!!!

ラモーンズが初めて出演した野外フェスティバル、USフェスティヴァル1982年が開催されるに至った経緯と出演バンドのオフ・ステージ、インタビュー、を収録した映像がリリースされました。こんな完璧なフル映像があった!!!


ラモーンズはマーキーが当時を振り返りながら語るシーンがたくさん登場します。野外フェス、しかも自国アメリカで開催されたフェスに出られたことに感謝する言葉や、「ロック・ファンがパンク・バンド、ラモーンズを知らなくて興味深そうに見ていた」「一番後ろの方の観客は見えないくらいの群衆に圧倒された。あんな景色はみんな初めてだった」など。


1982年のラモーンズのメンバーの心境が垣間見えます。インタビューはジョニーが一言二言答えていますが、ラモーンズについて「万人受けするものではない」と言い切っているところに『エンド・オブ・センチュリー』が不発に終わった後の心境が読み取れました。映画の方の『エンド・オブ・ザ・センチュリー』でもあのアルバムを分岐点に、売れることに力を注ぐこと、レコード会社に従うことを止めた(諦め?)、しかし決意を新たにするシーンがありました。ラモーンズはアルバムは『エンド・オブ・ザ・センチュリー』そして『プレザント・ドリームス』までしかリリースしていない時代だということを認識して見ると、時代がリアルに伝わってくると思います。


出演バンドがB-52やカーズ、トーキング・ヘッズなどSIREチームが多いのも後にエスケープ・フロム・ニューヨーク・ツアーをこのメンツで回ることを考えるとなるほどと思えてきます。SIREレーベルが現役の頃という時代も感じられます。ステージではジョーイがまだベースボール・バッドを持っていた時代。ジョーイは左利きだけど、右手に持っています。など細かい描写も新鮮。バッドを持っていたのはこのあたりまでなので。このニュースの他に私個人のブログにも感想を書いたので良かったら参考にしてください。(ユキ)





『Us Festival: USジェネレーション:メイキング・オブ・USフェスティヴァル1982』

【ライヴ映像】
ポリス「キャント・スタンド・ルージング・ユー」、サンタナ「ブラック・マジック・ウーマン/ジプシー・クイーン」、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ「逃亡者(Refugee)」、フリートウッド・マック「ザ・チェイン」、B-52’s「ストロボ・ライト」、カーズ「バイ・バイ・ラヴ」、エディ・マネー「ギミ・サム・ウォーター」の完奏、ラモーンズ、ギャング・オブ・フォー、イングリッシュ・ビーツ、オインゴ・ボインゴ、トーキング・ヘッズ、デイヴ・エドモンズ、ジェリー・ジェフ・ウォーカー、ジミー・バフェットの演奏シーンの一部。

【撮り下ろしインタビュー】
スティーヴ・ウォズニアック、スチュワート・コープランド(ポリス)、ミック・フリートウッド(フリートウッド・マック)、ミッキー・ハート(グレイトフル・デッド)、マーキー・ラモーン(ラモーンズ)、ケイト・ピアソン(B-52’s)、エディ・マネー他。

【収録時間:144分/日本語字幕付】
【解説:大鷹俊一】
 
【DVD】 SIBP-279 ¥4,000+税 
【Blu-ray】 SIXP-36 ¥5,000+税
42716290_2066988140019205_2034884049473896448_n.jpg

81FGaDY+WKL._SL1433_.jpg


42629406_2066988030019216_6578176884125728768_n.jpg
permalink * Edit

夏以降のニュースいろいろ 2018


最初に、台風や地震で被害に合われた会員の皆様には謹んでお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

夏以降のニュースを独断と偏見でセレクトしてお届けします。ラモーンズ・ファン・クラブ・ジャパンでは、国内のニュースを中心にSNSでアナウンスされない記事と「裏話しネタと私情」を挟んで(笑)ニュースをお届けしています。<ユキ/RFCJ>


●マーキー、アクティブに活動中
ラモーンズの引退時にメンバーで一番「引退・反対」をアピールしていたのはマーキーでした。活動していることがベストというのを最も体現しているメンバーと言えるほど最近は毎日インスタをアップしてますね。HPもご覧のようにラモーンズ時代のスーパー貴重な未公開写真がどっさり掲載されているので覗いてみると楽しいですよ〜。マーキーは10月17日よりノルウェーを何本かツアーし12月になぜかメキシコ1日だけのライヴの予定あり。フェスではないので、何かの振替公演かもしれません。詳細は不明です。

marky2018-09-07 11..jpg



●CJ、ついにNYから西海岸に引っ越し
昨年の来日時に聞いていたけど「来年、ニューヨークを離れると思う」が、8月に実施された模様。と残念な書き方をしているのは、やっぱりラモーンズ・ファンはメンバーはNYに居てほしいんじゃないかなと思うから。2016年に聖地巡礼ツアーでニューヨーク行って感じたのは、ラモーンズがNYという街に現役時代よりももっと深く根付いていると感じました。とはいえ、CJの人生、他人がとやかく言えません。8月に引っ越ししたことからわかるように、すべては彼が愛してやまない子供のために夏休み中に車でカナダを経由し大陸を横断したようです。引っ越し前にラモーンズのグッズもオークションに出していましたが、じわじわと引退の道にも近づいているのかなとは思います。でもラモーンズみたいに「来年で終わる」と期間限定で絶たれるより少しはマシだと思って、来日、新作の機会はしっかりキャッチして楽しみましょう。CJは11月13日から12月2日まで南米をラモーンズとCJのベスト・セットリストでツアーの予定です。

スクリーンショット 2018-09-07 11.05.29のコピー.jpg



●リッチー、秋はアメリカ・ツアー
リッチーは北欧、ヨーロッパ・ツアーを終え、10月からアメリカ国内をツアーする様子。今はデイ・オフで最新ニュースが拾えないので、気になる人はそれぞれのSNSをフォローした方が早いですね。ガールフレンドでベーシストのクレアに連絡してみよう。
40882574_1907488769312767_2342717425163698176_n.jpg



●ジョニー・ラモーン追悼イベント
毎年ジョニーの誕生日の10月に開催される追悼イベントですが、今年は8月末に開催された様です。グリーンデイはどうした? ビリー・ジョーやダフマッケガン、おなじみのスティーブ・ジョーンズなど錚々たるミュージシャンが集まりました。その中でもラモーンズ・ファンは驚かないだろうけど、注目を浴びたのがお墓の銅像に抱きついたモリッシー本人がついに登場 ! ! 妻リンダさんのファッションショーは置いといてもモリッシーは見たかった。このイベントのチケット代は癌撲滅などの基金に寄付されるのでイベントとしては良いと思うけど、HPもイベントももう少しジョニー・ラモーンの功績を讃えてほしいもんです。 詳細はこちらをご覧ください。



●『ROAD TO RUIN』デラックス・エディションの国内盤発売は無し
デラックス・エディション・シリーズ第4弾。国内ニュース・サイトでご覧の通り輸入盤が9月21日(現地時間)にリリースされます。音源はラフ・ミックス、1979年のライブ音源と内容はレア。そしてレコーディングの制作過程を記載したライナーノーツ(当然英語)も付きます。ブックレットには未発表写真も多数掲載とのこと。我が家にもあるが、あるところにはある未発表写真やレア音源。いつまで続くのでしょうか? w 私はファースト用に雇われカメラマンが撮影してボツになった本来ファーストの写真が見たい。音源はamassのサイトなどから聴けるのでこちらをチェックしてみてください。今回も残念ながら国内盤のリリースはありません。

27_0103_01.jpg
『Road to Ruin: 40TH ANNIVERSARY DELUXE EDITION』

【CD1】 《Original Mix Remastered》


01. I Just Want To Have Something To Do
02. I Wanted Everything
03. Don’t Come Close
04. I Don’t Want You
05. Needles And Pins
06. I’m Against It
07. I Wanna Be Sedated
08. Go Mental
09. Questioningly
10. She’s The One
11. Bad Brain
12. It’s A Long Way Back

《40th Anniversary Road Revisited Mix》

13. I Just Want To Have Something To Do
14. I Wanted Everything
15. Don’t Come Close
16. I Don’t Want You
17. Needles And Pins
18. I’m Against It
19. I Wanna Be Sedated
20. Go Mental
21. Questioningly
22. She’s The One
23. Bad Brain
24. It’s A Long Way Back

【CD2:Rough Mixes & 40th Anniversary Extras】

01. I Walk Out (2018 Mix) *
02. S.L.U.G. (2018 Mix) *
03. Don’t Come Close (Single Mix)
04. Needles And Pins (Single Mix)
05. I Just Want To Have Something To Do (Basic Rough Mix) *
06. I Don’t Want You (Basic Rough Mix) *
07. I’m Against It (Basic Rough Mix) *
08. It’s A Long Way Back (Basic Rough Mix) *
09. I Walk Out (Basic Rough Mix) *
10. Bad Brain (Basic Rough Mix) *
11. Needles And Pins (Basic Rough Mix) *
12. I Wanna Be Sedated Take 2 (Basic Rough Mix) *
13. I Wanted Everything (Basic Rough Mix) *
14. Go Mental (Basic Rough Mix) *
15. She’s The One (Basic Rough Mix) *
16. Questioningly Take 2 (Basic Rough Mix) *
17. S.L.U.G. (Basic Rough Mix) *
18. Don’t Come Close (Basic Rough Mix) *
19. I Wanna Be Sedated (Backing Track) *
20. I Don’t Want You (Brit Pop Mix) *
21. Questioningly (Acoustic Version) *
22. Needles And Pins (Acoustic Version) *
23. Don’t Come Close (Acoustic Version) *
24. I Wanna Be Sedated (“Ramones-On-45 Mega-Mix!”)

【CD3: Live At The Palladium, New York, NY, December 31 1979】

01. Blitzkreig Bop *
02. Teenage Lobotomy *
03. Rockaway Beach *
04. I Don’t Want You *
05. Go Mental *
06. Gimme Gimme Shock Treatment *
07. I Wanna Be Sedated *
08. I Just Want To Have Something To Do *
09. She’s The One *
10. This Ain’t Havana *
11. I’m Against It *
12. Sheena Is A Punk Rocker *
13. Havana Affair *
14. Commando *
15. Needles And Pins *
16. I Wanna Be Your Boyfriend *
17. Surfin’ Bird *
18. Cretin Hop *
19. All The Way *
20. Judy Is A Punk *
21. California Sun *
22. I Don’t Wanna Walk Around With You *
23. Today Your Love, Tomorrow The World *
24. Pinhead *
25. Do You Wanna Dance? *
26. Suzy Is A Headbanger *
27. Let’s Dance *
28. Chinese Rock *
29. Beat On The Brat *
30. We’re A Happy Family *
31. Bad Brain
32. I Wanted Everything” *
* ・・・未発表音源

【LP1: 40th Anniversary Road Revisited Mix】

《Side 1》

01. I Just Want To Have Something To Do
02. I Wanted Everything
03. Don’t Come Close
04. I Don’t Want You
05. Needles And Pins
06. I’m Against It

《Side 2》

01. I Wanna Be Sedated
02. Go Mental
03. Questioningly
04. She’s The One
05. Bad Brain
06. It’s A Long Way Back





permalink * Edit

ベルリンからのアナウンス

このメッセージはベルリンのラモーンズ・ミュージアムの館長フロウくんより届きました。
彼はミュージアムのカタログ用に1996年のラスト・ライブにいた日本のファンに写真の提供を求めています。もしあの時LAにいたという人、ramonesfcj@yahoo.ne.jpまでご一報お待ちしています。yuki / RFCJ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Hello! my name is Flo, I run the RAMONES MUSEUM in Berlin.
Yuki from Ramones FC Japan is nice enough to forward you my letter.
I am looking for photos from the last RAMONES show in Los Angeles, August 6, 1996. I would like to show them in the RAMONES MUSEUM and in the museum catalogue.

Any photo would help! From inside de venue or the outside. I would like to see what you have! Hope to hear from you soon, thank you, Arigato! Flo


僕はらモーンズ・ミュージアム・ベルリンの代表のフロウです。
RFCJのYUKIからアナウンスをするのでレターを書いたらと言われました。
今、1996年にLAで行われたラスト・ライブの写真を探しています。
その写真は、ミュージアムのカタログに掲載したいです。
もし持っている人がいたらRFCJまで連絡してください。
ありがとう。フロウ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
permalink * Edit

◉FC会員限定◉ラモーンズにまつわる聖地巡礼ツアー<東京編>のおしらせ ! !


2016年9月に遂行したラモーンズにまつわる聖地巡礼ツアーの東京編を開催します。



1980年から1995年までにラモーンズが来日した回数はトータル7回。
その間に日本をどんどん好きになっていったメンバー達、そして私が案内した都内の各地を含むラモーンズにまつわる場所を、オリンピックで東京が変化してしまう前に回ってみようと思います。
連れて行きたかったのに無くなってしまった渋谷のパルコ劇場(泣)や歌舞伎町の巨大なゲーム・センターなど、写真から跡地がわかる場所は巡ってみたいと思っています。人数は10人を目標にしたいです。あまり大勢だとまとまらないので。


参加資格は◉FCの会員で日程は◉6月10日(日)、今回参加費2千円を徴収させていただきます。
◉プチ土産付き。◉予定時間は11時から16時の5時間。◉取材場所、メンバーが足を踏み入れた場所や食べたものを写真(があるものは写真を見せながら)回ります。◉雨天決行。限定先着10名。


休憩とランチを挟みながら、立ち寄ったセブンイレブン、宿泊していたホテルのくつろいでいたロビー、取材で歩いた渋谷の街、寄り道した下北沢のレコード屋、立ち食いそば屋など『I LOVE RAMONES』に書いた場所がどこなのか等のリクエスト受け付けて、可能な限りの場所を写真とエピソードを折りませながら回ります。時間や都合で途中退場もありです。集合場所となるスタート地点や当日のコースとしおりなどは参加者に直接連絡します。参加希望者はメールでramonesfcj@yahoo.co.jpまで◉名前◉住所と電話番号◉会員番号◉『I LOVE RAMONES』に掲載されていた場所で行きたいところなど、あればリクエストを書いて送ってください。詳細は個別で折り返しメールをします。


ちなみに、本国ニューヨークへの聖地巡礼ツアーは、2020年もしくは2022年頃に開催したいと考えています。おそらくアメリカ編は終わりかな...と思っています。なぜなら聖地がどんどん無くなってしまっているので。今回の東京編を開催してみて好評だったら名古屋と大阪編も考えたいと思います。参加者は可能ならばラモーンズの楽屋や日本での日常を書いた『I LOVE RAMONES』を読んでからの参加をお勧めします(手前味噌ですが…) いつまでもあると思うな東京の聖地 ! !
みなさまの参加をお待ちしております。東京編も本気でご案内します。歩きやすいスニーカーで参戦してください。w


05.jpg
左は1980年の初来日で渋谷を歩く4人/雑誌『MUSIC LIFE』取材記事より
右は歌舞伎町でもぐらを叩くジョニー




permalink * Edit

開催決定~!「ラモーンズの激情」を語ろう会



新企画のおしらせ2つをアナウンスします。FC会員が10代から60代までというラモーンズ・ファン・クラブ。なかなかこんなに幅広い世代に愛されているバンド、いないんじゃない?

そこで「ラモーンズの(今回はファースト)について語らない? 」という会を開いてみようと思います。世代を超えてファーストを語ろうという試み。「なんで昼なの?」の理由は、10代はロック・バーに行けないから。1~2時間 ( ? ) まったりやってみたい。うんちく語ってくれてもいいしミーハーも大歓迎。とりあえず1回目は地方からも来られるようにGWの日曜日。面白かったら他のアルバムについての語ろう会もやってみたいな、と。盛り上がったら2時間じゃ足りないかもね。
詳細はこちら⇩


■日にち : 4月29日(日) 14 : 00~(たぶん1、2時間)
■場所 : 秘密・都内某所 (※参加者に直接ご連絡します)
■参加費 : 無料 (※但し交通費・お茶代などすべて自分でお支払いください)
■参加資格 : ファン・クラブの会員
■参加予定人数 : 先着5人以上10人まで (最小催行人数5人)
■参加希望者は名前と会員番号と以下のQに答えてramonesfcj@yahoo.co.jpまで。
件名に「語りたい ! ! 」と書いて送ってね。


Q1、『ラモーンズの激情』を最初に聞いた年とLPかCDかDLかも。
Q2、『ラモーンズの激情』を最初に聞いた時の感想
Q3、『ラモーンズの激情』で1番好きな曲と理由をひとことで
Q4、『ラモーンズの激情』で2番目に好きな曲と理由をひとことで
Q5、『ラモーンズの激情』のカバーを最初に見た時の感想
Q6、あなたの年齢とラモーンズを見たことがあるか?


企画もうひとつ ! ! NYには行けないけど、やってみようの聖地巡礼ツアー<東京編>を開催します。こちらはラモーンズが来日していた時に訪れた場所にみんなで行ってみようという企画〜(笑)
私がミニ・メガホン持参で都内各所を案内しながら思い出を語ります。東京に行けないよという会員へ。

こちらは6月9日または10日で計画中。時間は5時間くらいを予定。東京の風景が2020年のオリンピックに向けて変わってしまう前にやってみようと思いました。アナウンスをしばしお待ちください。
語りたいけど東京に行けないよという会員のみんなは、このQ6を送ってきてください。全部まとめて企画ページに載せる予定。TRY IT!!!<ユキ>

RS=^ADBRTT_74QdurdhViRAlMEYj.eSi8g-;_ylt=A2RivQL_5claYFYAvA.jpeg
permalink * Edit
*本サイトに掲載している記事、および画像の無断転載を禁じます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120

C±CAE´yA°[E´WCAe^E^i`™C÷