Calendar
<< February 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
Search this site.
Category
Archives
Others
Admin

ジョニーの自伝本発売サイン会

JRAのニュースによると、来月発売されるジョニー・ラモーン本を記念して妻リンダ・ラモーンとリンダ個人のマネジャー、ジョン・カフィーロ、そしてトミー・ラモーンのサイン会及びQ&AがNYで3/30に行われる模様。詳細はこちら。(リンダとトミーはともかくジョン・カフィーロってラモーンズとは関係ないので参加する理由がまったく理解できません…とはっきり書かせて頂きますbyユキ)。尚、この本の日本語訳での発売は契約提示金が破格等、権利の関係で無くなりました。

ジョニー・ラモーンの自伝は、ジョニーが亡くなる3ヶ月前に「スティーブ」という名前のフリー・ライターが長い時間をかけてインタビューを取っています。何度もジョニー宅に足を運び亡くなるまで取材を続けました。「スティーブ」は「病気だったにもかかわらず彼はしっかりと話してくれた」という言葉を最後に彼と私のやりとりが途絶えてしまいましたが、自伝本のために取材を続け管理してきたのは「スティーブ」という名前のフリーライターだということを明記しておきます。今回発売されるジョニー本は確かにジョニーの言葉です。ただ、この時に取材していたスティーブの管理していたジョニーの言葉がどこにあるのか、今回リンダがサイン会でサインするこの本と同じ内容のものなのか知りたいところ。

スティーブが取材した一部が手元にあるので、来月発売される本の内容と照らし合わせて読んでみようと思っています。ジョニーの言葉であることには間違いないので楽しみです。<ユキ>




permalink * Edit

クレアの新バンド「NOIZEE」

2009年4月に「マーキー・ラモーン&ブリッツクリーグ」来日したベースのクレアが自身のバンド「NOIZEE」を結成しました。
ユキカイチョー宛にゴキゲンなメールが届いたので一部ご紹介します~!

「すごいニュースがあるのよ!マイク・ロジャースがNOIZEEのニューリミックス「Batshit Crazy」をとっても気に入ってくれて、あちらのラジオで流し始めてくれるらしいの。ウェブサイトにもTop5ビデオとして、私がカバーした「Somebody Put Something In My Drink」
(http://www.youtube.com/watch?v=eESZL8vtChc)のビデオを掲載してくれているのよ。
私は丁度デビューアルバムを完成させたところで、そのアルバムには4曲のラモーンズのカバー(ちょっと多いけど、本当に大好きだから仕方ないわ!!♥)と、7曲のオリジナル曲が入っていて、 THC/ROcketScience (Sony/Red)から発売される予定よ!2012年中に日本でまた会いたいと思ってるわ!!!」

PVのクレアの渾身の演技(?)が釘付けになりますね♪他のカバー曲も気になったひとはデビューアルバム是非チェックしてくださいっ!<もにゃこ>

NOIZEE official Facebook
51QPiJJywiL__SL500_AA280_.jpg
permalink * Edit

大阪RAMONES展、本日より開催!!!

ロンナイDJ/Disoscillatorsのカッチンのラモーンズ・コレクション展示会が本日から、
大阪・心斎橋で開催されています。
本日および明日は24時までOPEN!
3日間限定です!!!関西ラモーンズ集まれ~!!

20120201203322_m.jpg

Nothing But True PUNK -RAMONES EXHIBITION - OSAKA

3月9日(金曜日)~11日(日曜日)
12:00-24:00(最終日は18:00まで)
大阪府大阪市中央区西心斎橋2-9-32
アメリカ村・アローホテルB1F
tel. 06 6213 1007
心斎橋digmeout ART & DINNER

421802_198987353539612_100002850454113_281467_100690191_n.jpg
☆会場の様子です!

permalink * Edit

JOEYのソロその後

paper.jpg

▲メディアも盛り上がってます

2月23日(昨日)のニュースでカイチョ―がお伝えしたジョーイのソロ音源集について。日本でも、すでにいくつかのニュースサイトで話題に上がっていますね。海外のサイトで情報を拾っている人もいるのではないでしょうか?

作品の発売は5月17日。タイトルは『Ya Know?』で、プロデューサーにエド・ステイシアム(ロックンロール・ハイスクールでおなじみ)。参加ミュージシャンはジョーン・ジェットやEストリート・バンドのスティーヴ・ヴァン・ザント、リッチー・ラモーンやチープ・トリックのメンバーと、詳細も続々と明らかにされています。リッチ―のフェイスブックでも「ジョーイの新しいソロアルバムが間もなく発売。リッチ―・ラモーンも何曲かドラムを叩いている」と告知があったので、リアルなプロジェクトとして進行しているようです。

FCとしては、これらのニュースに触れて、現在関係者の裏どりをしているところです。

ひとつ引っかかっているのは、ダニエル・レイの件。今回の音源に、『ドント・ウォーリー・アバウト・ミー』にも参加していたエンジニアのダニエル・レイが関わっているのは明らかですが、その契約を巡ってひとモメしたことが(具体的にはダニエル・レイが契約を解除するというもの)ジョーイ側のリリースを遅らせた原因になっていると。これには、ちょっぴり違和感を感じております。

以前、当サイトの【MEMBERS ONLY】のインタビューに答えてくれたとき、ジョーイの生前のレコーディングのエピソードについてもダニエル・レイは包み隠さず語ってくれました。もちろんその当時から、ジョーイの未発表曲を音源化する動きについては否定的。それは彼のプロ意識や、ラモーンズへのリスペクト、ジョーイへの思い入れあってのもので、彼なりの出せない理由、出したくない理由があったのだろうなと。

「そもそも、ジョーイのソロはジョーイとダニエルが生前、ジョーイの調子が良い時に、二人でのんびり作っていたもの。(ニュースだと)ジョーイが亡くなった時に、遺族から『音源を渡せ』と言われ拒んだダニエルとの間で訴訟騒ぎになったけど、その契約がキレたから、『ホントの仲間』がリリースすることになったっていう筋書きだけど…ダニエル・レイはこの作業でお金ももらってないしなあ。う~ん」とはカイチョ―談。

FCとしては、ダニエル・レイが死守していた音源が、なぜ出回ることになったのか? まずはここをクリアしたいと考えています。ジョーイの歌、ジョーイの声が聴けたら嬉しいのはたしか。できれば、モヤモヤのない状態で。というのがベストだと考えています。<KIKU>
permalink * Edit

JOEYのソロ??

数日前から、海外のサイトやニュースで流されているJOEY RAMONEのデモ・テープからの音源ネタですが、この音源は、プロデューサーのダニエル・レイと遺族、関係者など法廷に持ち込まれ「発売しない」という結論が出た音源と同じものと思われます。

FCは、その点を関係者に詳細を打診中。細かいことが分かり次第、この裁判の結果とその後と今回の音源の出所などもお伝えできると思います。

「ジョーイの声が聴ければいいじゃん?」そうなんだけどねぇ。。。

金儲けの為の発売を阻止する側、売りたい側、いろんな問題が渦巻いてすでに10年以上経過。まだまだラモーンズの未発表音源は存在するので、この問題は永遠に続く問題でしょう。
しばしおまちください。<ユキ>


permalink * Edit
*本サイトに掲載している記事、および画像の無断転載を禁じます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119

C±CAE´yA°[E´WCAe^E^i`™C÷