Calendar
<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
Search this site.
Category
Archives
Others
Admin

年の終わりのご挨拶

12月31日。激動の2011年が間もなく終わろうとしています。
振り返れば日本・世界単位でさまざまな出来事が起こった年でした。
絶望と希望のジェットコースターのような日々の中でも、
そしてそんな日々だったからこそ?
ラモーンズFCジャパンとして活動する時間は最高にハッピー。
いつもどおりの“激情”がそこにあったように思います。

そんな2011年を振り返っての
カイチョ―からのコメントをお届けします。

「今年はラモーンズなイベントがホントに多かったと思う。
ファン・クラブとしては、『亀戸の激情』、『広島の激情』、
そしてDJカッチンの展示会など、
いろんなイベントに参加させてもらって、
日本中のあちこちのライブハウスで、
たくさんのラモーンズ・ファンが
思い入れたっぷりに楽しい企画を作ってた。
一年を通じて、こんなにラモーンなイベントがあるのって、
日本だけじゃないかと思うんだよね。
もちろんNYやLAでもイベントはあるわけだけど、
ファンがいまだに熱心で、アツい国って日本以外にないから。
だから来年からは、もう『ファンが1番アツい国ニッポン』として、
世界の中心にいたいと思う!!
と、テキトーな目標を立ててみたわけだけど、
あながち遠からず~な夢じゃないすか?
2012年は、イベントもっと楽しくさせていきたい。
目標だけは高く頑張ります!」(YUKI)

ラモーンズファンが集った時だけに生まれる独特の空気感。
「思いっきり楽しむぞ!」、「楽しませるぞ!」という、
みんなの前のめりな激情。
2011年は、さまざまな局面でそれを感じることができました。

来る2012年も、ラモーンズだけで白飯何杯もイケちゃうような
試みを企てて、みんなとワーキャー楽しめる瞬間に
携わることができたらいいなぁと思います。

みなさんも、どうぞいろんな「声」を聞かせてくださいネ。
それでは、よいお年をお迎えください!<KIKU>
permalink * Edit

海外から2枚のCDが届きました。

今日は海外から届いた2枚のCDを紹介します。

1枚目はポーランドのラモーンズ・トリビュート盤。全20バンド、20曲収録。詳しく描きたいところなんですが、英語がまったく書かれてなく読めません。アルバム・タイトルは『POLAND 4 RAMONES』選曲はラモーンズがライブでやりそうな曲が並んでいて、因にDEEDEEが人気があるのか「ENDLESS VACATION」はWHITMANというバンド(カリフォルニアのバンドと同じバンドかは不明)とPLABANIAという、2バンドがプレイしています。
lrg.jpg


次はおなじみドイツからGIGANTORのベーシストJenzziiiが好きが高じて始めたバンド、その名も(そのまんま?!) HAMBURG RAMONES!! 活動も活発。ハンブルグ・ラモーンズはトリビュートではなくオリジナル曲です。ちなみにハンブルグ・ラモーンズはクリスマスCDもリリースしております。音は聴いたことないんだけどナイスなタイミングなのでこっちも載せちゃえ。というわけで、メリークリスマス。今日のBGMは喧嘩してなくてもあの曲で♫ <ユキ>

300.jpg

☆Have a nice holiday///Merry cristamas☆
2曲目は「johhny says」という曲みたいだけど歌詞が読みたい!
111224_034612.jpg
permalink * Edit

『亀戸の激情Vol.2』リポートを一部公開です

会員のみなさまには、members onlyでログインして楽しんでいただいている、レポートを非会員のみなさまにも一部公開いたします!! FC企画『亀戸の激情Vol.2』はこんな感じで秋の文化祭・バースデー・パーティー開催いたしました。来年もやります! <レポート・by・キク>
##########

★なりきりラモーンズ

このコーナーは、ファン参加企画の『なりきりラモーンズ』。

それぞれがラモーンズやバンドとゆかりのある人物になりきるこのコーナーでは、さっそくファンたちのラモーンズ愛がさく裂! 自慢のモズライトはもちろん、カットオフしたTシャツとプレスリー・サングラスに至るまで、こだわりのコーディネートで見事なガールズ版・ジョニー・ラモーンを披露してくれたのは、市川ラモーンズで活躍中の高橋みほちゃん。

09.jpg

ジョニー・ラモーンのマニアというか、人生そのものをジョニー色に染め、静岡から参戦してくれたTOKYO RAMONESのYARBO RAMONE君は、皮ジャン→演奏→衣装替え(スニーカーまで後期のジョニー・ラモーン風に履き替えてた!・笑)という一連の動作を、なんとか持ち時間の5分以内にまとめるため事前練習を重ねての登場。特注の皮ジャンや手作りTシャツ、小物やモズライトのピックアップに至るまで、盛りだくさんのこだわりで圧倒してくれました。

10.jpg

次はオーディエンスをかき分け、映画さながらステージに垂らされたロールスクリーンをひっぱがして登場のアイダホレイニーズの鈴木琢也くん。映画『ロックンロール・ハイスクール』に登場する校長の子分の一人になりきり、アメリカのミリタリーショップからボーイスカウト風の衣装を取り寄せたという気合の入れっぷり。校長役のユキ会長にちゃんとミスプリントを読み上げる演技までステージでやり倒し用意周到の完璧さ。さすがこの映画をベースにバンドを結成しただけある。「久しぶりに映画見てみたいなぁ」というキモチにさせられる、愛情こもったパフォーマンスでした。
 

13.jpg


さらに急きょなりきりに出場を表明したのが、YUKI 会長with RUSTY SLUGSによる即席ラモーンズ。場内が暗転し、ステージ上にはアルバム『TOO TOUGH TO DIE』のカバーさながらの、シルエットラモーンが出現! 亀戸ハードコアのスタッフを巻き込み、入念なリハーサルを重ねてライティングやスモークを凝らした演出で、とことんなりきりました!
YUKI KUROYANAGI with RUSTY SLUGS 「このなりきりは、YUKIさんに無理やりやらされた!…わけではないよ?」(L'Tomomy)4人でナイスなシルエットを作ってくれました!

14.jpg

という楽しい「なりきりコーナー」のご紹介でした。
その他のコーナーも盛り上がりましたよー。来年もやりまーす。



permalink * Edit

BBS終了します


FCのHPを観覧してくれてありがとうございます。

HPのBBSを本日限りで閉鎖します。BBSの利用状況と最近の悪戯書き込みの増加の対応で、HPのBBSを本日限りで閉鎖することになりました。悪戯の書き込みには対応しきれない点とツイッター等SNSサイトの利用で対応できるとの判断です。ファン同士の交流はRAMONES FCJのツイッターをご利用ください。来年に向けて、リニューアルを検討中です。お楽しみに!! <ユキ>
permalink * Edit

マーキーがTwitterデビュー☆

今から7時間ほど前、マーキーがFacebook上で、Twitterデビューを発表しました!
といっても、以前からアカウントは持っていたのですが、あまりつぶやく機会がなかった様子。デビューというよりも、「がっつりTwitterやる宣言」といった感じでしょうか。

Marky Ramone
JUST STARTED TO GET INTO TWEETING. IT'S ACTUALLY PRETTY COOL. 863 FOLLOWERS. THINK I CAN BREAK 1000 BY MIDNIGHT?

Twitterやることにしたんだ。かなりクールだよね。今フォロワーが863人だから、深夜のうちに1000人越えするかな?

とのこと。現在NY時間早朝5時すぎですが、フォロワー1043人。
マーキーの読みどおりにフォロワー増殖中のようです。

まだFacebookをやってなくて、Twitter利用がメインの人は、今すぐマーキーをフォローして、リアルタイムでつながっちゃいましょう♪


MarkyRamoneLogo.jpg

Marky RAMONE Twitterアカウント
http://twitter.com/#!/markyramone

permalink * Edit
*本サイトに掲載している記事、および画像の無断転載を禁じます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120

C±CAE´yA°[E´WCAe^E^i`™C÷