Calendar
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
Search this site.
Category
Archives
Others
Admin

貴重な話

個人的な事ですが、、、今日の仕事現場で「超」貴重な話を聞けました。
自分のブログにも書いたんだけど、今日出会った人はジョーイと会ったことがあり、ジョーイが生前やりたかったというプロジェクトについての相談をうけた、しかも話した場所はCBGBで、という話でした。

このプロジェクトの内容はその他の話が聞けるのかはわからないんだけど、新パーカーを着ていったことがきっかけで、すごーーーく貴重な内容を入手。パーカーありがとう。というネタでした。そのラッキー・パーカーは今写真とHPを制作中。見てわかるようにするので、もう少し待っててね。<ユキ>
permalink * Edit

モズライト関連

なんだか、ニュースがざくざくわいている今日この頃です。笑

モズライトの会社フィルモアよりニュースと募集(?!)。
「12/12(日)にセミ・モズレー(モズライト作った人)の親戚達が遊びにくるホーム・パーティーで誰か2曲ラモーンズ弾いてくれないかなぁ?」。曲はSedatedとblitzkriegだそうです。やりたい人いたらプロ・アマ問いませんのでFCまで連絡ください。バイト代と関東圏内の交通費とパーティご飯付きだそうです。笑 ちなみに使用ギターは先日亀戸でも使用された私所有のジョニー・ラモーン・モデル"0001"です。何でも皆様がこのギターを見たいそうで…。紙袋にいれてもってったろ。笑


そしてフィルモアよりもうひとつ。年末リリースのモズライト・ファミリーの曲が収録されたコンピにCJも参加したそうです。録音はNYで行われ、既にリリースに向けて準備中。その時の写真がこちらで見られます。元気そうで何より。来年の亀戸に来てー (元)MEGADETHも来たからさぁ。笑<ユキ>
77image_07.jpg
permalink * Edit

みんなのブログやメッセージ

本日、早速下のニュースに書いた『モズライトの真実』という本がamazonから届きました。

が、ジョニー・ラモーンのことなんて、ぜーんぜん載っておりません。がっくし。
なので、ラモーンズ・ファンはよっぽど、モズライトが好きという人以外は、楽しめないかもしれない…というのが、私の個人的意見。内容のほとんどは、商標に関する権利と告訴のお話しでした。このギターをこんなミュージシャンが使用して云々というたぐいの本ではありませんでした。
読みたい人、中古で売ってあげまーす。笑


さて、ブログに書いてくれた市川のマスター・ラモーンさんのブログはこちら
どうもありがとう。今度、お店に遊びに行くよー。

それから電撃ライブに参戦してくれたベーシストの直央(なおう)君のツイッターの写真がおもしろい。ショットの革ジャン写真もあるじゃないのー。チェック!!

そしてVoのRYOJI君からは「楽しかったからまた誘ってほしい」の感想メールとブログはこちら。ぜひぜひー!
みんな、あらためて、ありがとう。また絶対にやるぞーー。<ユキ>


permalink * Edit

感想はこちら

週があけて『亀戸の激情』の感想メールがとどいてます。
みんなどうもありがとう。

地方会員にもそれが伝わるように、リポートは早めに頑張りまーす。客観的なリポートもあった方がおもしろいと思うので「ブログに書いた」人は紹介してくのでご一報を。「ゆきさんのピンヘッドがかわいかった」なんて、自分では絶対書かないもんね(笑) というわけで、まずは会員のヤーボ・ラモーン君のブログ


それから、まだ読んでいませんが、こんな本が出ました。なんだか暴露本ぽい気配もありますが、ラモーンズの名前も出てくるので、読んでみようと思います。
感想は後日。。<ユキ>

519cgB7g8uL._SL500_AA300_.jpg
permalink * Edit

CJとのコラボ作品だよ

先週末のイベント『亀戸の激情』で、私とトーク兼司会を努めてくれたラモーンズ・コレクター、DJカッチンが作った作品を紹介します。

これはカッチンが制作したコンピレーション。いろんなミュージシャンとのコンピCDです。このカッチン渾身の作品の中にはカッチンがリスペクトする「ラモーンズ」のCJとのコラボも。

今年の2月の来日で盗難にあってしまったCJに対して、少しでも何か恩恵があればいいというカッチンの提案で実現したもの。この曲はカッチンがセレクトし、CJ本人が今年の夏に歌って出来上がったもの。声がラモーンズ時代と同じなのが、びっくりよ。『亀戸の激情』でトークしてくれた内容によると、「ラモーンズと同じようにCJも録音をWで重ねてきた」そうです。質問がある人はもう、直接カッチンにメールすれば、きっと答えてくれるでしょう(と、勝手にふっちゃったよ・笑)。
ぜひ、チェックしてみて! 以下、カッチンのセルフ・ライナーです。<ユキ>


H1_red.jpg
「Strength To Endure feat. CJ RAMONE」
 
自分でもまさかのコラボ。CJ RAMONEと一緒にやりました。オレは自他ともに認めるRAMONESの大ファンで屈指のコレクターですが、まさか本人と共演できるとは。
 
これは持論ですが、ファンというのはファンでいるのが楽しくて、本人と知り合うのが目的ではないのです。会ったりできればうれしい、サインもらったり、写真を一緒に撮ったり、それが幸せなのです。
 
オレも業界の端っこにいるので、ミュージシャンは国内外問わずワリと近い存在なのです。なのでそういう機会に恵まれていました。CJが今年の2月に来日した際にベースの盗難に遭いました。その情報をRAMONES FC JAPANの人から聞いて、Twitterを経由していち早く世の中に公開したのがオレでした。しかし残念ながらベースは発見されず、CJはニューヨークに帰っていきました。
 
オレは日本でベース盗まれたのが本当に残念で、日本で嫌な目に遭ったCJに何かできないかと思って、安いギャラだけど新しいベースの足しにして欲しいと思ってコンタクトを取りました。オレのことをCJは聞いていて二つ返事でオファーを受けてくれました。
 
曲はRAMONESの1992年のアルバム「Mondo Bizarro」からの曲で、CJが初めてレコーディングに参加してヴォーカルも取った曲です。完全にオレのマニアックな選曲です。その辺も世の中の都合は無視しました。

JYU_846591765.jpg
『亀戸の激情』でカイチョー・ユキと笑激トーク中のDJカッチン!
permalink * Edit
*本サイトに掲載している記事、および画像の無断転載を禁じます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116

C±CAE´yA°[E´WCAe^E^i`™C÷