Calendar
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
Search this site.
Category
Archives
Others
Admin

ダニエル・レイ、インタビュー完成 ! !

お待たせしました !! スタッフ香ちゃん、頑張ってくれました。

ダニエル・レイのインタビュー完成です
。members onlyからログインしてお楽しみください。

内容はこんな感じからもっと深い話しにすすみます! READ ALL ABOUT IT!!!!

##########################

●ちなみに、スティーブ・ベイダーズとディー・ディーとでバンドをやる計画があったのは本当ですか?
ダニエル:彼らはやろうとしてた。もちろん、スティーブ・ベイダーズ、ジョニー・サンダース、ディー・ディーっていうのは3人ともガソリンみたいなものだったから、この3人が組むということは、ダイナマイト的なものに、2本のシガレットをぶち込むようなもの。ようするに最悪のコンビネーションで、その通りの結末を迎えたよね(笑)。

●(爆笑)。彼らがガソリンやタバコだったら、プロデューサーのあなたって何だったんでしょう?

D:もちろん、消火器だよ(笑)。

##########################
permalink * Edit

今年もやりますね!

GWいかがお過ごしですか?

今年もNYでジョーイの誕生日にBIRTHDAY BASHが開催されます。

joey2010bash.jpg

今年もリッチー・ラモーンが参戦するみたいです。一度リッチーの歌とプレイを見てみたいものです。いろんなコネを使って(笑)リポートはゲットしたいと思ってます。

そしてCJのHPにアップされているメッセージについて、ちょっと解説しておきましょう。これはCJの長男君の病気(自閉症)のドネーション(寄付)を募るメッセージです。個人的に私もドネートしたことはありますが、あくまでも個人的なことという認識だったので、この活動に関しては告知しませんでした。が、CJが自分のHPで活動を告知しているので、FCも(ラモーンズの音楽ではないけれど)、そこはフォローしました。(パスタ・ソースもフォローしたからドネーションもしなければっ!!) 寄付の方法は英語でクレジット・カード使用でできます。

という2つのおしらせでした。。。ダニエル・レイのインタビューはどうなっているのかっ??と怒られそうですが、担当者疲労で点滴中です。ようやく復帰しかかっております(これマジなんです)。「GW中にやる」と言ってくれてるのですみませんが、お待ちください。ごめんねーm(_ _)m
<ユキ>
permalink * Edit

ジャケネタどうでしょう

某大河ドラマにて「攘夷(じょうい)」というセリフを耳にすると「Joey!!」といちいち反応してしまうみなさん、こんにちは~!もにゃこです。
ダニエルインタビューも気になるところですが、ひとまず今日の話題でーす。

☆1stアルバムを撮影した写真家が来日

昨年の9月にPUNKマガジン編集長兼イラストレーターのジョン・ホルムストロム氏をゲストに行われたライブイベント『Invasion of PUNK Magazine』の第2弾が、6月に渋谷にて開催されます。
今回のゲストは、ラモーンズの1stアルバムのジャケットを撮影したロベルタ・ベイリー氏。
ご本人の解説つきの代表作品スライドショーがあるそうです。来場者にはまたしても入場プレゼントとスペシャルグッズ抽選会が用意されているとのこと。

『パンク・ロック写真家ロベルタ・ベイリー来日記念ライブ!
「Invasion of PUNK MAGAZINE vol.2」』
6/13 (SUN) @ 渋谷 CHELSEA HOTEL
OPEN 18:00 / START 18:30
前売り¥2500 / 当日¥2800

出演バンド:PONI-CAMP/ THE NEATBEATS / STANCE PUNKS 他
<Guest>ロベルタ・ベイリー(from NY)、ジョージ・ウイリアムズ、古川タロヲ(InterFM「BAM!」)

チケット:ローソン[Lコード:73264]、イープラス、CHELSEA HOTEL 店頭[5/13(木)発売]
info:CHELSEA HOTEL 03-3770-1567
Invasion of PUNK Magazine

ramones1.jpg
この撮影秘話も聞けちゃう?


☆GABBA GABBA GOO GOO~?

rababy.jpg
「Rockabye Baby: Lullaby Renditions Ramones」

新譜ではありませんが、面白アルバムをご紹介~。3年前より販売されているものですが、CDショップ(国内)で見つけてゆるジャケにつられ思わず購入してしまいました。ラモーンズの楽曲をベイビーのためにオルゴール風にアレンジしたカバーアルバムなのです。ララバイゆえ、8ビートは皆無(笑)ですが、曲のPOPさが際立っておもしろかわいいっ。こちらのサイトにて試聴ができますよー。「Pinhead」なんて一瞬なんの曲だかわかりません(爆)。
このシリーズの他アーティストも超豪華です。集めたーい。お友達の出産祝いなんてもいかがでしょう(ロック洗脳)?<もにゃこ>
permalink * Edit

サンデー・ギャラリー(201)♪♪インタビュー第2弾完成までもうすぐー。

CJのインタビューの感想メール、みんなどうもありがとう ! ! !です。

彼の純粋な気持ちがきちんと伝わって良かったです。脚色も編集もしておりません。でも、もっとロング・インタビューだったとおもってたんだけど、あっというまでした。実際には90分くらいの時間をかけたんだけど。(←CROSSBEAT大谷編集長いわく「これは集中力なども考えると長いインタビューだと」そうです)。

そして、ようやくダニエルのインタビューが今夜完成です。
明日、あさってには、お届けできると思います。とにかく、おもしろい! ! ! 特にジョーイとのレコーディング秘話はワタシですらこれまできいたことのないストーリーにびっくり。

詳細は「インタビュー、アップしました」のニュースと同時におしらせするので、お楽しみにねー。というわけで、手前みそですみませんですが、自分のブログにマーキーのドラムDVDのネタアップしてます。よかったら、どうぞ。<ユキ>

NYC_6798.jpg
permalink * Edit

遂に到着!CJ出演フランクフルト・ギター・ショウ情報

カイインのみなさん、CJのスペシャル・インタビューはご覧になりましたかー?もにゃこは何度も読み返してはCJのラモーンズに対する熱い想いに改めてグッときてます。メンバーとの当時の思い出、現在CJが自ら歌う意味...こんな深い話が聞けるのもFC JAPANならでは!ですね。

さてさて、お待たせいたしました。
先日ドイツ・フランクフルトで行われた世界最大級のギター・ショウ(楽器フェア)「ムジーク・メッセ」でのCJの写真を、FILLMORE遊佐社長ご夫妻のご協力を得て、遂にゲットできました。こんな感じだったんですねー。

DanasDiary4-10 012.jpg
DanasDiary4-10 002.jpg
写真提供:FILLMORE

うおぉ!?CJの向こう側に見えるあのロゴは???!!!
まさかCJモデルのベース??!!!

なんと「まだ日本では発売未定のCJ RAMONEのロゴ入り・ベース! ! 」とのこと。

今回の盗難事件後、CJと遊佐さんの話し合いの元、このベースの製作が実現したそうです!
CJがシルバー・スパークリング・ベースと共に、自分のロゴが入ったベースを遊佐さんに製作してもらったことで「盗難の痛みを忘れることが出来た」んだと思います。
本当に遊佐ご夫妻には感謝しきれないほどの感謝です。。。
良かった、良かった~。日本でも是非発売して欲しいですね!
そして発売記念ライブで再来日を期待♪
(しかし、ベース盗難の犯人は許しません。引き続き捜索のご協力をお願いします!)
<もにゃこ>
permalink * Edit
*本サイトに掲載している記事、および画像の無断転載を禁じます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116

C±CAE´yA°[E´WCAe^E^i`™C÷